お仕事1:収穫作業


枝豆の鮮度が良い状態でお客様に出荷する為に、気温の上昇する前に収穫作業を行います。夏でも早朝はとても寒く感じます。枝豆は朝露に濡れているのでカッパを着て畑に向かいます。収穫機械で引き抜かれた枝豆の枝をトラクターの荷台に積み込む作業を人の手で行います。高校生から60歳ぐらいの方まで一緒に汗を流します。その後の朝食はとても美味しく感じます。

お仕事2:脱サヤ作業


畑から収穫されてきた枝豆を脱穀する作業です。脱穀機に枝を入れると枝から葉と豆(サヤ)がもぎ取られます。豆はベルトコンベアで運ばれ、洗浄されます。土や葉やゴミなど簡単な選別を行い、脱水します。夏は気温がどんどん上昇します。ここからは時間との勝負です。

お仕事3:選別作業


作業室は枝豆の鮮度を維持する為、冷房を完備しています。洗浄された枝豆はホッパーに投入され、ベルトコンベアーで流れてきます。出荷できない規格外品(キズ、変形、変色など)を目で見て、手作業で選別していきます。現在自動の色彩選別機が商品化されてきていますが、まだまだ人間にはかないません。選別作業はとても集中力のいる仕事です。休憩時間にはコーヒーやハーブティー、あめやスイーツで疲労回復! さぁ、選別再開です。
選別された枝豆は計量され、袋詰め、箱詰めされておみやげ店や百貨店、心待ちにしている全国のお客様にお届けします。

お仕事4:箱詰め・発送作業


私たちは、袋詰めの作業も手作業でやっています。重量を一袋づつ計りながら発送する枝豆の状態を最終確認します。専用のコンテナや箱に入れて配送業者さんにお渡しします。

 

お仕事5:畑の枝育成作業

出荷作業の後に畑にて、次の収穫の準備を行います。

働いてくださっている方々とのお楽しみ

だだちゃ豆の生産を本格的に始めてから25年以上たちました。毎年、一緒に働いた皆さんとバーベキューをしたり、温泉に行ったり、海に行ったり、陶芸をしてみたり、ビンゴ大会をしたり、色々なイベントを企画しています。このような時間も含めて、とても恵まれた農業生活を送ることができて嬉しいです。去年はサザエやカキを直炭火で焼いて食べました。夜まで楽しくおしゃべりして充実した夏の時間を共有できました。

BBQ
バーベーキュー 
従業員の皆さんと
食事会
従業員の皆さんと2
食事会

お仕事にご興味ある方は、メールでお問い合わせください

今まで、一緒に働いてくださった方々
山形大学、公益大学、産業短期大学、東北大学、鶴岡高専、鶴岡工業高校、
などです。